清明学院高等学校

コース紹介

コース紹介 コース紹介

理系特進コース

理系科目を重点的に学習、自然を愛し、積極的に課題を探る姿勢を育む。

2年次より英語・数学・理科に重点をおいており、理科は物理と生物を希望に合わせて選択できます。カリキュラムを理系対応型に精選することで、難関私立大学理系学部の現役合格を増やしています。また、国公立大学志望者は、国公立大受験対策の国語演習を選択します。

理系特進コース

教育課程表

特徴

POINT17限授業
7時限までの授業で、まずは受験勉強の土台となる学力を確保します。中学校までに「これまで勉強をしたことがほとんどない」という生徒でも、若くて熱い先生たちが、「勉強への取り組み方」を丁寧に指導します。
POINT2放課後自習&講習

入学直後から、「授業+自習と質問」のスタイル定着を徹底します。授業で学んだことをすぐに自習に活かすことで「わかる、できる」が増えて意欲が湧き、自然と「やらされる勉強」から「自分でやる勉強」にシフトしていきます。わからないところも、その都度先生が細かく教えるので、苦手分野でもとりこぼしを減らせる「学力の底上げ」が可能です。
また、2年生・3年生になると、放課後自習に加えて講習(8限・9限)も実施され、受験に向けて万全の態勢を作り上げます。

放課後自習&講習
POINT3長期休暇中の講習

夏・冬・春休みには全学年で特別講習を実施しています。期間中は1限から特別に時間割を組み、学年に応じて各学期の総復習や応用力養成、受験対策などに取り組みます。休暇中にも学校へ足を運び、特進コースのみんなで勉強し、一丸となって受験に立ち向かう空気を育てることが最大のねらいです。

長期休暇中の講習
POINT4勉強合宿

2年生の夏には、勉強漬けの合宿を行います。入学した時は勉強に慣れていなかった生徒も、1年次から「自分でやる勉強」を続け、この合宿が終わる頃にはすっかり勉強に対する抵抗もなくなり、自分を高めることにこだわりを持ち始めます。「2年生の夏は受験生の0学期」を合言葉に、本格的に受験モードに突入するための大きなイベントです。

勉強合宿

Teacher's Voice

理科教諭 髙橋 明夢
髙橋 明夢
理科教諭

私立・国公立どちらの大学入試にも対応しているカリキュラムのもと、生徒たちは、理学・工学・建築学・薬学・農学など、多様な学部を目指して日々勉強に励んでいます。数学と理科の授業が高校3年間で合計50単位設定されており、理系科目中心の中身の濃い授業を展開しています。特に数学では、1クラスを2つに分けた少人数授業を行なっており、それぞれのレベルに合わせて生徒を伸ばしています。

Student's Voice

コースを変更したことで、
夢にまた一歩近づきました。
堺市立庭代台中学校出身 加藤 大三郎
加藤 大三郎
理系特進コース3年
堺市立庭代台中学校出身

 中学生の時は部活動をしていて、宿題以外の勉強はあまりしていませんでした。入学時は総合コースを選びましたが、1年生の時に進路について考えた結果、2年生への進級時に理系特進へコース変更を希望しました。
 理系特進コースでは、勉強が苦手な自分でも勉強に集中して取り組める環境があり、わからないことがあればいつでも先生に質問できます。また、先生は優しく、相談事も一緒に解決してくださるので、勉強のモチベーションを保つことができます。これからも、志望校に合格できるよう、このコースでもっと勉強したいと思います。

OB・OG Voice

「頑張る自分」になれた3年間。
だから、今の私がいます。
赤井 美緒 さん
赤井 美緒 さん
理系特進コース卒業生
京都工芸繊維大学工芸科学部
生命物質科学域
和泉市立北池田中学校出身

 私は清明学院の特進コースでの3年間、国公立大学への進学を目指して勉強しました。そして今、京都の国立大学に入学し、毎日応用化学の勉強をしています。
 私が本気になって国公立大学を目指すようになったのは、高校1年の秋です。どうせ頑張るならできるだけいい大学を目指したいと思ったからでした。もちろん、初めから勉強が楽しかったわけではありません。しかし、先生が色んな話を聞かせてくれたり、個別に教えてくれたりしたので、頑張り続けることができました。
 今でもよく覚えているのは、「相手の目を見て話を聞こう」や、高校3年になってからの「毎日10時間以上自習しよう」という言葉です。大学に入ってから色んな人の目を見て話をするたび、また長時間の勉強をし終えるたび、「私はあのころに言われたことを今でも守っているんだな」と気づきます。
 大学入試では思うように結果を出せず、第一志望の国公立大学に届かないとわかった時は、悔しくて涙が止まりませんでした。でも、少しでも自分が納得できる大学に合格できるよう、そこからまた必死に勉強しました。辛くて不安で仕方なかったですが、周りには同じように受験勉強を頑張っている友達や、教えてくれる先生がいつもいました。
 そうして合格できたのが、今の大学です。合格発表を見た時の喜びは、「頑張る自分」になれたからこそ、心から湧いてきたのだと思います。そんな大学での毎日は、本当に楽しいです。化学や物理の勉強が「本当に」わかるようにもなってきました。そして現在、私にはいくつかの目標ができました。そのうちの一つが、理科の教員免許の取得です。

コース紹介
コース紹介
文系特進コース
理系特進コース
看護・医療系特進コース
進学コース
総合コース

ページトップへ