清明学院高等学校

コース紹介

コース紹介 コース紹介

看護・医療系特進コース

受験に対応した学力向上はもちろん、看護・医療従事者にふさわしい人間形成を目指す。

英語・国語・数学をバランスよく学べ、入試に対応したカリキュラムを提供し、さらに、小論文対策や面接指導など、きめ細かなサポート体制も整っています。目標意識の高いクラスなので、全員一丸となって協力し合い、面接の練習などに励んでいます。

看護・医療系特進コース

教育課程表

特徴

POINT17限授業
7時限までの授業で、まずは受験勉強の土台となる学力を確保します。中学校までに「これまで勉強をしたことがほとんどない」という生徒でも、若くて熱い先生たちが、「勉強への取り組み方」を丁寧に指導します。
POINT2放課後自習&講習

入学直後から、「授業+自習と質問」のスタイル定着を徹底します。授業で学んだことをすぐに自習に活かすことで「わかる、できる」が増えて意欲が湧き、自然と「やらされる勉強」から「自分でやる勉強」にシフトしていきます。わからないところも、その都度先生が細かく教えるので、苦手分野でもとりこぼしを減らせる「学力の底上げ」が可能です。
また、2年生・3年生になると、放課後自習に加えて講習(8限・9限)も実施され、受験に向けて万全の態勢を作り上げます。

放課後自習&講習
POINT3長期休暇中の講習

夏・冬・春休みには全学年で特別講習を実施しています。期間中は1限から特別に時間割を組み、学年に応じて各学期の総復習や応用力養成、受験対策などに取り組みます。休暇中にも学校へ足を運び、特進コースのみんなで勉強し、一丸となって受験に立ち向かう空気を育てることが最大のねらいです。

長期休暇中の講習
POINT4勉強合宿

2年生の夏には、勉強漬けの合宿を行います。入学した時は勉強に慣れていなかった生徒も、1年次から「自分でやる勉強」を続け、この合宿が終わる頃にはすっかり勉強に対する抵抗もなくなり、自分を高めることにこだわりを持ち始めます。「2年生の夏は受験生の0学期」を合言葉に、本格的に受験モードに突入するための大きなイベントです。

勉強合宿

Teacher's Voice

国語科教諭 間柴 吏
間柴 吏
国語科教諭

数学では1年次に学んだ範囲の総復習を、国語では小論文作りに役立つ日本語力の学習をするなど、受験に直接対応した学習内容です!昨年度の3年生では、放課後遅くまでみんなで学校に残って勉強したり、掃除などの日常や学校行事など1つひとつのことにクラス一丸となって取り組んだりと、1つのチームとして生活することを大切にしました。医療人を目指すだけあって元気で意欲的な生徒が多いのが特徴です!

Student's Voice

医療人を目指して頑張れるのは、
ともに学び、励まし合える仲間がいるから。
杉本 梨華(看護・医療系特進コース2年)大阪市立大和川中学校出身
杉本 梨華
看護・医療系特進コース2年
大阪市立大和川中学校出身

 特進コースに入学してからは、中学生の時よりも宿題の量や小テストの回数が増え、テスト範囲も広くなり、毎日勉強に大忙しです。でも、毎日放課後は学校に残って勉強をしていると、わからないところがあっても先生がサポートしてくださるので、「わからない」が「わかる」に変わる喜びがあります。
 また、看護・医療系特進コースは同じ夢を持った仲間が集まっているので、友達と一緒に夢に向かって頑張れます。入試の対策として英語・数学・国語・生物を中心に学ぶと同時に、医療人としての心構えや、協力して取り組むことの大切さなど、将来医療に携わる上で役立つことも多く学べるので、これからも自分の夢に向けて頑張っていけると確信しています。

OB・OG Voice

仁尾 みのり(看護医療系特進コース卒業生・摂南大学看護学部看護学科・ 新北島中学校出身)、加藤 里奈(理系特進コース卒業生・近畿大学生物理工学部・光陽中学校出身)
仁尾 みのり(写真右)
看護医療系特進コース卒業生
摂南大学看護学部看護学科
大阪市立新北島中学校出身
加藤 里奈(写真左)
理系特進コース卒業生
近畿大学生物理工学部
遺伝子工学科
岸和田市立光陽中学校出身
「学習習慣」の身につく環境が整っていた

仁尾:清明の特進コースに入って最初に身についたのは、毎日勉強するという習慣だったと思います。
加藤:私もそう。中学生の時は勉強する習慣があまりなかったけど、清明来てみると、周りのみんなも頑張っているから、「自分も頑張ろう」と自然と思えました。
仁尾:同じ学年の特進コースのみんなで一緒に自習をし出したのは、1年生の夏期講習が始まりだと思います。放課後にみんなで自習ができるような場所を先生が用意してくれたので、たくさんの生徒が自ら希望して授業の後に残り、勉強していたのを覚えています。
加藤:それは3年間、学校のある日はずっと続いた。仲間と一緒に同じ時間、同じ場所で頑張り、励まし合うことで、勉強する習慣が身につき、「成績をもっと伸ばしたい」という気持ちも強くなっていきました。
先生も一緒に頑張ってくれた 仁尾:担任の先生が定期的に開いてくれた面談も、習慣ややる気など、今の自分の状態を自分で把握して、次からどう頑張っていくかを決めるのにすごく役立ちました。
加藤:3年生になってからも、受験校を決めるのに何度も面談をしてくれました。先生が私たちにしてくれたことといえば、コース集会もよく憶えています。同じ学年の特進コース全員が集まる機会を頻繁に作って、私たちを厳しく励ましてくれていました。
仁尾:コース集会や面談で先生がたが話してくれた言葉は、今でも心に強く残っています。「何事もまずは素直にやってみよう」という言葉は特に印象的で、大学生になった今も、勉強するとき、実習に行くときなど、不安になったりしんどいなと思ったりするときには、いつも思い出しています。
加藤:もちろん普段の授業でも、どの科目の先生も、私たちが理解できるまで熱心に教えてくれました。そうやって、仲間や先生と一緒にやってこられたからこそ、3年間勉強をやり続けられたなって今でも思います。継続できたという自分の経験が、今の自分の自信につながっています。
仁尾:本当にそう思う。今大学生活を楽しめているのも、清明で過ごした3年間があったからだと思う。これからも、この経験や自信を大切にして、もうすぐやってくる就職に向けて、頑張っていきたいと思います。

コース紹介
コース紹介
文系特進コース
理系特進コース
看護・医療系特進コース
進学コース
総合コース

ページトップへ