清明学院高等学校

コース紹介

コース紹介 コース紹介

進学コース

私立文系上位校進学を目指して勉強しながら、クラブにも打ち込み、高校生活の二本柱を両立する。

英語・国語・歴史科目に重点をおいており、私立文系大学(産近甲龍)の現役合格を目指します。6時限授業でカリキュラムを文系型受験に精選しているので、クラブとの両立を考える生徒の希望にかなった体制です。また、長期休暇中の特別講習を実施し、学力面の不安にも対処します。

進学コース

教育課程表

特徴

POINT1朝学
授業前の朝8時30分から始まる「朝学」で、1日がスタートします。学習内容が定着しているか自分でチェックできる大事な取組です。わからないところがあっても、放課後に教員と一緒に勉強する機会があるので、翌日に積み残しをすることがありません。
POINT2長期休暇中の講習

夏・冬・春休みに特別講習を実施しています。「勉強とクラブ」どちらも大切にするコースなので、冬・春・7月の講習では、クラブに入っている生徒たちはクラブを、入っていない生徒たちは講習への参加を選ぶことができます。また8月は、基礎学力や学習習慣の定着を目指してクラスみんなで講習に参加します。

長期休暇中の講習
POINT3勉強合宿

3年生になる直前の春休みに勉強合宿があります。2年間の学習内容の定着を確認しながら、過去の大学入試問題などの演習にチャレンジすることで、自分の足りていない部分に気づき、受験生としての自覚を持つことができるという、大切な2泊3日をコースみんなで過ごします。

勉強合宿

Teacher's Voice

英語科教諭 東野 泉
東野 泉
英語科教諭

昨年度は、クラブに入っていない生徒から希望者を募って放課後講習を実施したり、ハワイへの修学旅行の事前学習を兼ねた英語のコンテストをしたりと、新しい取組をどんどん実施しました。時間の許すかぎり、生徒のやる気とニーズに応えることをモットーとして、私たちは日々生徒と向き合っています。

Student's Voice

部活動でも進路でも、より高い目標をめざして。クラブと勉強を両立させて、私立文系大学に進学したい!
宮部 勇太郎 泉南市立泉南中学校出身
宮部 勇太郎
進学コース2年
泉南市立泉南中学校出身

ぼくが今一番頑張っているのは、勉強を大切にしながら、部活動(サッカー部)もしっかりやりきることです。進学コースでは朝や放課後の時間は、クラブ・勉強のどちらかを選ぶことができます。ぼくはクラブを選んでいますが、だからといって勉強をおろそかにはせず、すき間の時間を活用して勉強しています。例えば、行き帰りの電車の中で英単語を覚えることで、小テストに合格できるようになりました。また、1年生の終わりから生徒会に参加しています。「勉強や部活動に追われていても、学校や生徒のために役立ちたい」と思えるようになったのは、清明に来てからだと思っています。

OB・OG Voice

久米 達也 (普通(総合)コース卒業生・金剛自動車株式会社勤務・河内長野市立美加の台中学校出身)
久米 達也
普通(現総合)コース卒業生
金剛自動車株式会社勤務
河内長野市立美加の台中学校出身

 私は、女子校だった住吉学園高校が共学化して、清明学院となった第一期生で、現在は大阪でバスの運転士をしています。
 この仕事を勤めるうえで、清明で学んだことが直接生きているということはすぐには思い浮かびませんが(笑)、清明の生徒でよかったことといえば、吹奏楽部での経験です。
 当初、清明に吹奏楽部はなく、私が3年生の時にできました。もともと興味があったのですぐに入部したはいいのですが、楽器も道具もそろっていない、合奏するには部員も少ない、方向性も定まってないという、何もかもがゼロからのスタートでした。
 ゆえに、練習メニューはどうする、演奏はどうする、と試行錯誤の連続で、仲間同士の対立もしょっちゅうでした。それでもなんとか形にし、文化祭などのイベントを乗り越えて、卒業後もOBとして参加し、徐々にまとまっていく姿を目の当たりにすると、感慨深いものがありました。
 勉強も大事ですが、部活に打ち込めるのも学生の特権です。ぜひ部活の盛んな清明学院でスクールライフをエンジョイしてください!

コース紹介
コース紹介
文系特進コース
理系特進コース
看護・医療系特進コース
進学コース
総合コース

ページトップへ